開店祝いお花を選ぶ際のポイントを解説します

開店祝いお花

お友達や先輩がお店を出したというお知らせは、大変おめでたいことです。そんな時になにかお祝いをしたいと考えている人は多いと思います。そこで、お祝いとして1番ポピュラーなものは「お花」です。開店祝いにお花が喜ばれる理由は、いくつかあります。1つは、お店の雰囲気が明るくなるからです。入口はもちろん、窓の近くなどに白やピンクなどお花が飾ってあると、誰しもが明るい気持ちになります。2つ目は、周囲へのアピールになるからです。入口に大きなお花のスタンドが置いてあると、通りすがりの人にも「新しいお店ができたのだな」と認識してもらえます。結果的に、集客に繋がることもあります。3つ目は、縁起のいい贈り物だからです。花には当然花言葉があります。縁起のいい花言葉を持っている開店祝いお花を贈ることはおめでたい気持ちと敬意の現れにもなります。

開店祝いのお花を選ぶ際のポイント

開店祝いお花を選ぶ際には、いくつか注意するポイントがあります。まず、相場を守るというところです。一般的なお花の相場は、家族、親戚は10,000円から20,000円。友人、知人は、5,000円から10,000円。ビジネス関係やその他お世話になった方は、10,000から30,000円です。この相場から大きく外れてしまうことは、失礼にもあたりまので、必ず相場内で行うようにしましょう。次は、お花を贈るタイミングです。これは、開店までには必ず間に合うように贈りましょう。開店に間に合わないようであれば、開店後のバタバタしている中で到着してしまい失礼になります。また、早すぎるのも場所を取ってしまうため、できることであれば開店の数日前に到着するようにしましょう。次に、「立て札」です。当然ですが、これがないと誰から贈られてきたお花かわからなくなります。必ず、立て札をつけて贈るようにしましょう。

開店祝いに喜ばれるお花を選ぶコツ

開店祝いお花を選ぶ際の注意点やポイントについて書きましたが、次に選ぶ際のコツについて説明していきます。それは、縁起のいいお花を贈ることです。いくつか代表的な縁起のいいお花を書きます。まず胡蝶蘭。「幸せが飛んでくる」という花言葉を持っており、事業の成功を予感させるお花です。次に、ポインセチア。「祝福する」という縁起の良い意味を持ちます。そして、スイートピー。「門出」を意味していて、新店舗オープンのお祝いにピッタリです。最後は、ガーベラ。花言葉には「希望」があり、今後の成功を感じさせます。このあたりのお花を選んでおくと失敗しません。そして、お相手のお店のテーマや雰囲気についてリサーチを忘れないことです。お店のコンセプトに合っていなければお花が浮いてしまいます。ここに書いたポイントを参考に、たくさんあるお花の種類の中でお相手に気に入っていただけるようなお花を贈れるようにしましょう。