開店祝いお花を贈る際の方法を初心者に丁寧に解説いたします

開店祝いお花

大型ショッピングモールができたり、施設内に新しい店舗が開店したりすると店先にお花が飾られている光景を目にしたことはあるでしょう。開店祝いお花として、開業主の知人や提携会社などが新たな門出を応援するために贈るお花です。例えば知人が開業するとなれば、お花を贈る側になるかもしれません。そんなときにどんなお花を贈ればよいのか迷ってしまう方がほとんどです。新たな一歩を踏み出す方に贈るお花なので、立派なものを選んで贈らないといけないと考える方も多くいます。しかし、開店祝いお花を贈る際は、贈り先との関係性によってお花にかける予算もある程度相場が決まっているのです。関わり合いは合っても近しい間柄の人ではない人に高額のお花を贈られても困ってしまいます。そこで、関係性によって相場となるお花の予算を知っておきましょう。

贈るお花の金額は相手との関係性によって大きく異なる

開店祝いお花として贈られるもので高級なものとなると、おおよそ5万円ほどになります。しかし、お花を贈ってくる人全員が5万円もするお花を用意してくれるともなれば、逆に困惑してしまうでしょう。相手との関係によっては数千円程度のお花でも十分な場合もあります。では、相手との関係性と贈るお花の相場はどのようになっているのかというと、友人が開業したときのお祝いであれば、5千円程度でも構いません。高くても2万円ですが、大切なことは金額よりも応援する気持ちでしょう。また、取引先に贈る場合は逆に安価なお花ではいけないので、1万円から3万円程度は考えておきましょう。また、昔からずっと交流があり、特に親しい人の場合は最大で5万円出しても良いでしょう。遠慮などはなく、相手へのお祝いの気持ちが最大限に受け取ってもらえます。

予算が決まったらどんなお花を贈るかも重要

お花には花言葉があることは誰もが知っていることでしょう。そのため、開店祝いお花にも花言葉は適用されます。悪いイメージを持ったお花を贈ることは絶対に避けなければいけないので、どのようなお花が贈答用に適しているのか知っておきましょう。まず人気なお花に胡蝶蘭があります。胡蝶蘭には「幸運が飛んでくる」という花言葉があり、新しい一歩を踏み出す方への贈り物として最適です。また、お花の金額としても1万円から5万円とちょうどよい金額なので、開店祝いお花としてメジャーです。ほかにもスタンド花やフラワーアレンジメントなどもお祝いのお花として人気があります。これらは場所を取ることもなく見た目も豪華に見えますので、贈り物として人気があるのです。オープンの前日には届くようにすると相手も当日にセッティングしなくて済むので、到着時間も配慮しましょう。