目的に合った開店祝いお花を選ぶ方法を教えます

開店祝いお花

友人や身内の方がお店を開いた時、開店祝いお花を贈ったことはありますか?お店の軒先に名札のついた豪華な胡蝶蘭やアレンジメントフラワーを見たことがあるという方は多いと思います。しかし、実際に自分で贈るとなると色々迷うことがあるのではないでしょうか?どんなお花がいいのか?相場はどのくらい?どういうお店にお願いすればいいのか?飲食店やエステなど業種によってお花も選び方が変わってきます。ここでは、実際に自分が贈る立場になった時に迷うことのないよう開店祝いお花の探し方や相場、注文の仕方、そして業種によってのお花の選び方を、順を追って説明していきます。一番大切なことは贈った方に喜んでいただけることなのですが、贈った相手に対して失礼のないように基本的なことはしっかり抑えておきましょう

開店祝いお花はどんなお店で手配したらいい?

開店祝いお花は花屋で扱っています。街の花屋さん以外に最近ではネットショップを行っている花屋さんでも開店祝いお花を扱っているところがありますので、検索して探してみると良いでしょう。贈るお花の相場ですが、どれだけ仲が良いか、店の規模や広さによっても変わってきます。一般的な相場では平均2~3万円台程度とされています。相手が大企業となると豪華なお花を贈ることが多く相場価格は3~5万円台と上がります。まずは予算とどのような種類のお花を贈るか決めてから実際にお店を訪問するかネットショップで探します。次は、手配する開店祝いお花がプレオープンか開店当日の朝までに届くか確認しましょう。例えば胡蝶蘭といった寒さに弱い種類のお花は冬の北海道や東北は配送できない場合もあります。また配送に時間がかかる場合もあるので必ず日数は確認しましょう。

どんな種類の開店祝いお花を選べばいいか?

花には「花言葉」があります。開店祝いお花の種類を選ぶときは、縁起の良い意味合いを持つものを選ぶと喜ばれます。自分で調べてもよいですが、詳しくない場合はお花屋さんに相談してみると良いでしょう。また、贈り先の雰囲気にも配慮が大事です。お店のコンセプトによって内装もさまざまです。お店の中にできるだけ長く飾ってもらえるように雰囲気に合ったものを選ぶことが大切です。先に確認しておき、イメージをお花屋さんに伝えて選んでもらうのも良いかと思います。それから贈り先の広さも考慮しましょう。貴重な店内のスペースを取ってしまうほど大きいものを贈ってしまうと迷惑をかけてしまいます。スペースを考慮して、無理なく飾ってもらえるものを考えましょう。確認が取れない場合は小さめの鉢植えやアレンジメントが無難です。