新しく開業する開店祝いお花の探し方を詳しく解説します

開店祝いお花

知り合いの店や、昔お世話になった人、取引会社などが新しく店をオープンするとなった場合、開店祝いとしてお花や贈り物をするというのが習わしとなっています。いつもそういった開店祝いを贈るという人は良く分かっていますが、初めての経験という方はどのような物をどれくらいの予算で贈るべきなのか考えてしまいがちです。開店祝いお花は、相場や花の意味をしっかりと理解していないと送る側に失礼になってしまうことや、自分が恥ずかしい思いをしてしまうこともよくある話として聞きます。まずは、開店祝いを作ってくれる花屋を探すようにしましょう。近場であれば問題無いですが、遠方の方に贈るとなると配送をしてもらわなければいけないなどある程度制限が出てしまいますので、開店の話しを窺ったらすぐに探し始めるようにしましょう。

開店祝いお花を贈るための花屋を探す

開店祝いお花を作ってくれる花屋はたくさんあります。スーパーの中に入っているような小さな花屋でない限り、よっぽど断られることは無いでしょう。大切なのはセンスです。花屋さんにはその店独自のやり方があります。自分の好みに合わないデザインを作るところだと、贈ったあとに後悔してしまう可能性もありますので事前に小さい花束を作ってもらいデザインをチェックしておくというのも一つの手です。好みの花屋が決まったら、配送状況や定休日、営業時間などをしっかりと確認しておきましょう。いざ予約をする段階になってお店が受け付けてくれなかったのではまたそこから新しい店を探さなければいけません。お祝いで贈るものですので、慌ただしくならないように早めの行動でチェックを怠らないようにすることをおすすめします。

開店祝いお花を贈るときの予算相場はどれくらいか

開店祝いお花を贈るためのお店をしっかりと決めたら、次は予算を考えましょう。開店祝いのお花の予算は、だいたいの相場が決まっています。あまり高いものを贈っても失礼に当たる場合がありますし、そのお店にそぐわないものを贈ってしまっても自分の名前が書いてある札が一緒についてきますので、恥をかいてしまいます。事前に予算相場を調べておくとスムーズに事が運ぶわけです。開店祝いのお花は、送る相手によってその相場は大きく変わってきます。例えば、贈る相手がビジネスでの付き合いだった場合、1から3万円以内でおさめることがベストと言われています。取引相手との関係性によってその金額は若干上下するといった感じです。友人など相手が親しい間柄の場合はあまり豪華なものを贈ってしまうと相手が申し訳なく思ってしまうので、少し値段を下げることをおすすめします。