専門サービスを利用して名古屋で畳を張替えるメリット

名古屋 畳 張替え

名古屋で畳を張替えたいと考えている方に、どの様なメリットがあるかなどをご説明していきます。そもそも畳と言うのは三つの部分から構成されており、一般的に一番目に付きやすいゴザである畳表と呼ばれる部分と、畳縁という色の濃くなっている部分、そして畳全体を支える畳床の三つとなっています。畳の張替えというのは大体の場合がこの中の畳表の部分の張替えを指し、その張替え目安は大よそ7年から8年ほどと言われています。理由としては新品の畳表が鮮やかな緑色をしていて、いぐさの匂いがするのに対し、段々と傷んできた畳表は色もあせ擦れなどからささくれができてしまってくるため、座ったり立ったりまた歩いたりした時に危険を伴ってくるというのが大きくなります。畳の張替えと言うと、多くの場合畳表と畳縁を張り替える方法を指します。

名古屋で畳の張替えをする際の種類

名古屋で畳の張替えを行う場合に、何故多くの場合畳表と畳縁を張り替える表替えを指すのかですが、これは単純にこの二つが傷みやすいからという理由からです。畳床はよっぽど損傷していない限りそのまま使用する事ができます。もちろん畳床までを替えるとなると、一から新品の畳と交換するという事になるのでそれなりに予算がかかります。その為傷んでいなければ表替えをしたいと考える人が多いのです。更に予算を抑えるのであれば、畳表をひっくり返して使用する裏返しという方法もあります。この方法はその名の通り畳の表と裏を入れ替えるという方法なので、一度しか使えません。しかし畳表は使用してから2年から3年後に裏と入れ替えるとそれだけで新品の様になるので、低コストで交換をするのにはオススメの方法です。

名古屋で畳の張替えを行うタイミングとは

それでは名古屋で畳の張替えを行うタイミングについてですが、表替えは先ほどお話しした様にささくれが目立ってきたり、傷が目立ってきたりした時です。では全体を新畳へと新調するタイミングはどうかというと、新しい畳にしてから15年から長いと30年ほど経過していて凹みができていたり、畳を歩く時に軋んでしまう時が目安となります。他には畳が傷む事によってシロアリやダニなどが発生してしまっている場合も、畳を新調するタイミングとなります。畳を全く新しい物へ新調するとなるとそれなりに金額がかさみ、一畳あたり10,000円から30,000円程が目安となってきます。更には古い畳の排気料として畳一枚あたり6,000円程かかるので、広さのある和室ならそれなりの金額がかかる事は覚悟しておきましょう。